記憶のひとり言。

また御巣鷹の季節が巡ってきた。

33年前の8月12日、、日本航空123便御巣鷹山に墜落、乗員乗客520名の命が亡くなった。その飛行機に母の大切な人が乗っていました。


その日の事は鮮明に覚えていて、

私たち家族は那須千本松牧場の帰り道。

車の窓から空を見上げると空が真っ赤に染まっていて、すごい空だねーなど話していたっけ。

後から、その時刻に123便が墜落していたと知ったのだけど…。


親戚の伯母を送り届ける為、川崎の母の実家に。

ただいまーと声をかけた途端、中から留守番の子が飛び出してきて「〇〇さんであの人だよね」と。「そうだよ、なんで?」と母。

「飛行機が消息不明で、搭乗者名簿に名前があるの!」と。

それからはテレビの前から動けない。

情報が入ってこない。

きっと大丈夫、大丈夫と願う。

朝方に映し出された映像に絶句。


覚えてるのは母の横顔。

気丈に、穏やか。



かなりの時が経ったある日

私はずっと気になっていたことを聞いてみた。

あの時、泣かなかったの?と。

母。泣いたよと…。みんなの前では泣けなかったと。。

大人になって、悲しくても人前で泣けないこと

を知ったとき、母の気持ちが理解できたのだけど、その頃の私には解らなかった。


今の私だったらもう少し、母の悲しみに寄り添えたかなと思うけどもう会えないひと。

9月10日に亡くなった意味はあるのかな。


空の上で大切な人と再開できたかな。。

もう意地を張っちゃダメよ。


祈りを…。大好きだよ。



アップしたつもりが…

下書きってずっと残るのねーなんて呑気に思っていたらUP出来てなかったのですね。

かなり前のことになってしまいましたが、せっかくなので…。


モダンスイマーズについて、書きたいこと多すぎて困っている。

とりあえず先日観た「死ンデ、イル。」で思った事を書いていきます。(長くなります💦)


句読点三部作の第三弾の作品。

お話はフリーライターによる、消えた女子高生の関係者へのインタビュー形式で進んでいきます。

舞台上はシンプル。数台の椅子と1つの机、一台のホームビデオ。

前二作が凝った舞台演出だったので

その雰囲気にゾクゾクです。


ホームビデオで映し出す演出。まずここで唸る。舞台劇なのに映画的。

そして避難先のユウコおばさんの家の場面へ。

このユウコおばさん、キツイ…。私だったらこの人のお部屋で過ごすの辛いなと。

でもそうせざる得ない状況。

我慢、我慢の七海の泣き笑いの表情が悲しい。確かに恵まれてるのだろう。だから、わがままはダメってずっと叫んでるのが伝わってくるんです。

大人達は押し付けます。こんなに精一杯、貴女を守っているのよと…。

違うんだよ、七海はただ優しく撫でて欲しくて抱きしめて欲しくて…。

ここら辺から私の中に七海が入ってきてしまって、みんな大嫌い!嫌い、嫌いと心の中で叫んでいました。

こういうのは初めてだった。

大人扱いされたり、まだ子供だからと決めつけられたり、何も選べない…。助けてって全身で叫ぶ七海役の片山さんが凄かった。


ラスト近く「お母さんに会いたい」の言葉に

自分の事とリンクして、号泣しそうに…。

(書きながら泣いてますが笑) 


ラスト、初めての海を見て、七海はこういいます。

私はそこに還るのはなく、向かうのだと。。


ダブルキャストのこの作品。

Aキャストで最初、観たとき、七海は死に向かってしまったのかと思いました。

Bキャストで次に観て、七海は自分で決めた生キルを選んだんだと…。

今までを許して、自分の居場所を見つける旅に向かったんだなと。ちゃんと選ぶことが出来たんだなって。


A・B両方観て面白いなと思ったのは

セイタ兄ちゃんの空気感でした。

小椋さんはチャラい軽い感じ。

古山さんは現実を見据えた少し真面目な感じ。どちらも素敵でした。

フリーライターもこのお二人が務めてまして。こちらは全く逆の印象に。

古山さんのフリーライターの方が胡散臭くて良かったかな。

でもこれは逆の順番で観たら変わっていたかもしれない感想。


あとは、お姉さん役(咲)の成田さん。

2回目でこの咲さんに関しては、なんか切ない思いしかなかった。

咲さんもいっぱいいっぱいだったんだよね。

置き手紙の事を責められたとき「だって綺麗すぎるじゃない…」と。

七海の隠しきれない輝きにジェラシーだったんだなと。

大人達のことを、大嫌いと思っていたけど、

皆んな皆んな精一杯で、心の拠り所を探していたんだなと…。


ピーマンの立ち位置が好きでした。

身内でもなんでもないこの人に七海は心を許していくんですよね。これって若いから出来る柔軟性かなとも思いました。


どの役者さんも本当に素晴らしかった。


次はアフターイベントについて書いていこうと思います。…





あたま山心中~散ル、散ル、満チル~@10.18

下北沢駅前劇場にて

フライヤーを見た瞬間に絶対に行こうと思った平岩紙さんと近藤公園さんのふたり芝居。

大きな桜の木の下での狂気と悲劇。お芝居凄かった。。兄妹のお話かと思いきや夫婦?いや親子のお話か。

とにかく記憶が入り混じります。

そのまま観たら痴呆の親を抱えた息子の苦悩かなと。後からもしかすると全てあたまの中で創り出した妄想を観せられたのかとも。

色々な見方で考えられるお話だと思います。

平岩紙さん、この人凄い。

そして近藤公園さん。身体中から溢れる感情の痛々しさ。

終盤の桜があまりにも儚く美しくてウルッと。

終演後、クラクラしちゃいまして、ボーと。

悲劇すぎて誰か抱きしめてって思ったほど(この感情、不思議だった)

 

素晴らしいものをみたり、素敵な人と時間を過ごした後は街の喧騒が怖くなくて、音楽無しで帰ってこれるのだけど(感情を音楽に持っていかれたくないのもあって)今日はそんな時間だった。